国産の脱毛機器を採用している脱毛サロンをおすすめする理由

脱毛サロンによっては、施術で痛みを伴ってしまうケースがあります。痛みが強いと、サロンに通い続けるのも大変です。特にデリケートなパーツにフラッシュの光が照射されると、やや強い痛みを伴う事もあります。施術を受けるなら、痛みが強いサロンは避けたいでしょう。

その逆に、あまり痛みが強くないサロンもあります。無痛ではないものの、殆ど痛みを感じないサロンがあるのも事実です。

なぜサロンによって痛みが異なるかと言うと、使用している脱毛機器(マシン)です。サロンによって使用しているマシンも異なり、それぞれ向き不向きがあるのです。

基本的には、日本人の肌向けの脱毛機器を採用しているサロンを選ぶと良いでしょう。

注意すべき海外産の脱毛機器

海外製

そもそも肌は二層構造になっていて、一番外側にあるのは皮脂膜です。角質層は、その奥にあります。内側にある角質層は、水分の量が比較的多いです。外的な刺激から、肌の内部を守る役割を果たしています。

日本人の肌は、その角質層が少々薄いのです。海外の方々ほど厚くありません。逆に日本人は、皮脂膜は少々厚いのが特徴的です。このため日本人の肌は、比較的デリケートです。肌を守っている角質層が薄いだけに、外的な刺激にも弱い性質があります。

脱毛サロンによっては、海外産の脱毛機器を使用している事があります。海外の脱毛機は、角質層が厚めな方々向けに作られているのです。ですからフラッシュの光の出力も、やや強めになります。

という事は、その出力が強い脱毛機器から放出される光は、日本人の肌に強い刺激を与えてしまう訳です。肌トラブルも発生しやすいので、注意が必要です。

国産の脱毛機器は効果も期待できる

国産脱毛機

冒頭で触れたような痛みが強いサロンの場合、海外産のマシンを使用しているケースも多々あります。しかしサロンによっては、海外産というより日本人向け脱毛機器を採用している事もあります。

国内メーカーが生産した国産脱毛機器を採用しているサロンもあります。国内マシンの場合は、日本人の肌向けに作られている訳です。

角質層が薄い方々向けのマシンですから、放出されるフラッシュの光も、それほど強くありません。つまり国産マシンの場合は、施術もあまり痛くない訳です。ですから痛みが気になる時は、サロンが採用しているマシンを確認してみると良いでしょう。

国産マシンを採用しているサロンなら、痛みもあまり強くない事が多いです。それと国産マシンは、脱毛効果も特徴的です。日本人向けに作られているマシンなので、比較的強い効果が期待できます。

そもそも日本人の場合は、体毛の色は黒いです。しかし欧米諸国の方々は、必ずしも体毛の色は黒くありません。金髪の方々も、海外ではよく見かけます。海外で作られたマシンの場合は、必ずしも黒い色の体毛に向いている訳ではありません。ですからマシンの効果はあまり強くない事もあります。

また海外のマシンの場合は、フラッシュの出力が比較的強いです。強い光を日本人の肌に照射するリスクは大きいので、どうしてもフラッシュの出力レベルを弱くせざるを得ません。レベルが弱ければ、脱毛効果も弱くなってしまいます。

それに対して国産マシンの場合は、日本人の体毛向けに作られている訳です。黒い色に反応するフラッシュが照射されますから、比較的強い効果を発揮してくれる傾向があります。

国産マシンの場合は、10回以上も施術を受け続けていれば、ほぼツルツルの状態になってきます。せっかく脱毛サロンに行くなら、施術の効果も軽視できません。

まとまった料金を支払う訳ですから、肝心の脱毛効果が発揮されないようでは困ります。その点国産マシンなら、比較的強い効果を発揮してくれますので、おすすめです。

以上の点を考慮すると、脱毛サロンで施術を受ける前に、やはり脱毛機器の生産国などを確認してみる方が良いでしょう。全体的に国産の脱毛機器は性能が優れていますから、おすすめです。

国産の脱毛機器を採用している脱毛サロンを選ぶならこちらから⇒ 全身脱毛福岡おすすめランキング | 福岡で人気の脱毛サロン

サブコンテンツ

このページの先頭へ